top of page
画像.jpg

Hatchエンターテイメント 代表

角矢知彦

​Tomohiko Kadoya

Hatch 代表

代表挨拶

〜最高の作品を〜


初めまして、合同会社Hatchエンターテイメント代表の角矢知彦と申します。


HatchのHPをご覧頂きましてありがとうございます。

浦安市を中心に活動しているHatchの事業はテーマパークの様なファンタジーある公演、様々なご希望にお答えできる

エンターテイメントの提供をしています。

私もテーマパークにて出演していた1人でもあります。

新型コロナウイルスの影響により、エンターテイメント業界はとても苦しい状況となりました。


ですが、その中でも支えてくれたのは仲間だけではなく、お客様からの暖かいメッセージに何度も救われました。


テーマパークでのショーがないのはとても寂しいです。


少しずつ増えてはいますが以前ほども迫力がなくなってしまっています。

その様な中私達はテーマパークの様なファンタジーを感じていただける舞台を行うとともに

「#コロナからファンタジーを取り戻せ」という言葉を掲げて行っております。

演劇を見るという事は大人だけではなく子どもにとっても豊かな心を育てる素晴らしい方法とされています。

演劇を見る事により、子どもの表現力やコミュニケーション能力を高める絶好の教育法とされています。最も重視されているのは、子どもが演劇を「する」こと。ですが、子どもに演劇をさせるのは、少しハードルが高いと感じます。学校で取り組む事はできますが、家庭だと子どもを劇団に入れることくらいしか、できることは思いつきません。

ですが、演劇を『する』のに比べてお手軽なのが演劇を『見る』ことです。

まずは演劇を見て心を動かされる経験がとても大切になります。

 

その効果は絶大なです。感受性が豊かになる、共感性や社会性を育む効果があるとされております。

 

また、家族とのコミュニケーションも促進する効果もあるとされています。

演劇鑑賞をした子どもに、公演の感想や感じた事、どんな内容だったのかなどを話す事により家族とのコミュニケーショが増えることにも繋がります。

 

大人だけではなくより多くの子ども達に私達の公演を見ていただきたいです。


だまされたと思って是非一度私達の舞台を見てください。


終わったあとは心が暖かくなります。

劇場でお待ちしております!

合同会社Hatchエンターテイメント代表 角矢知彦

bottom of page